第二章_どこのチームの模造紙でしょうか!?②

ポストイットの内容

  • *自分の感情とその伝え方*
    ・自分の感情が今どうなのか?客観的に洞察する努力をしたい。
    ・感情を出してよいときと悪い時がある。
    ・自分の思いや感情は出さないと伝わらない。
    ・自分の出した感情や言動の重みを知ろう。
    ・自分の思いはスタッフへ伝えていく。
    ・自分の思いを伝えていく。
    ・感情を出すことの根底の部分を知る。
    ・身近なグチを言い合える人は必要。
    ・感情をコントロールすることが必要。

    *相手の感情を知る*
    ・相手が何故感情的になっているか、わからないときには理由を聞く。
    ・感情を察知する能力が必要。
    ・相手の感情を知ることが先。自分の感情はその後で。
    ・スタッフの感情を受けとめ(共感)更に高みに引き上げる。
    ・インシデント報告を受けた時には、まず、スタッフの気持ちを聞いてから、事実確認。
    ・わかって欲しい思いを知る。
    ・相手の考えにもまずは共感していけるように気を付ける。
    ・相手のことを知るためにコミュニケーションをたくさんとっていく。

    *相手の感情に巻き込まれない*
    ・スタッフの感情に振り回されないように、基本ラインは忘れない。
    ・すべての感情を聞き入れてしまうとパンクしてしまうので、聞かないふりをすることも大事。

    *相手へのフィードバック*
    ・感情的に言われたときに、こちらも思いを出さないと、相手が不消化になるのでは?
    ・受けとった感情を冷静に言葉に代えて、返してみる。
    ・良いことも積極的に本人へ言葉として言っていく。

    *管理者としての感情表現*
    ・管理者としてどう感情を表出するかは、精神衛生上とても大事だと思う。
    ・勤務表の論理。その中にある感情をスタッフに伝える。
    ・管理者も感情を吐き出す場所が必要。吐き出したら、また受け止められる。
    ・管理者もスタッフもみんな話を聞いてほしい。
    ・管理者も時には感情を出してもいい。(言える人をつくる)

    *感情に働きかけ行動を変える*
    ・感情に訴える為にはまず感情(相手の)を受けとめる努力は必要。どんな欲求があるの?
    ・理屈は分かっても、感情が伴わないと人は動かない。
    ・理屈でわかっていても、感情が伴わないと人は動かない。
    ・感情を受け止め、次の行動へと転向させる。

    *コミュニケーションをとる*
    ・お互いに話を聞いて欲しいとの思いに向き合い、話をする。
    ・スタッフに言葉かけをする。認めていることを伝える。

    *その他*
    ・感情が表に出たときは、相互理解のチャンス。

The following two tabs change content below.
nakaone

nakaone

地域に情報がいきわたる環境づくり(医療や介護に関する情報を生活に活かす)を仕事にしています。【介護現場の経験を語り合うプロジェクト】「けあぴ」Founder けあぴ 【住民と専門職がであう場づくり】「いりょう・かいご座談会」いりょう・かいご座談会
nakaone

最新記事 by nakaone (全て見る)

コメントされますか?

コメントするには ログイン してください。