第二章_どこのチームの模造紙でしょうか!?⑤

ポストイットの内容

  • *自分の感情とその伝え方*
    ・感情を扱う時には、自分の反応を感じることで、相手に返す時に、自分の気持ちや感情を適切に伝えられると思った。
    ・自分の感情に気付く。傾向を知る。
    ・感情を出すことに抵抗がある。状況によって自分を出すことも必要…。
    ・いろいろ思っていても、「受けとめてもらっている」という思いが、自分は一番大切!
    ・管理者自分が思いを吐き出せる安全な場を持つ。
    ・冷静に、そして時には感情にのって。自分の感情のコントロールして対応に活かせるようにする。

    *感情を出せる環境づくりをする*
    ・感情を出せる環境、関係作りをする。「あいさつ・握手」
    ・業務している中でもいつでも話せる環境作り。自分から声をかけて相手に向けて伝えていくこと。

    *相手の感情を聞き、受け止める*
    ・相手の感情…思いのもとをよく聞く。
    ・相手を認めること。相手が認められていると感じられる職場環境はチームワークにつながる。
    ・自分の思いも伝えることは大切だが、相手の気持ちを考慮でき、一方的にならないようにする。(相手に考え決めてもらう)
    ・時には相手の感情に乗っかることも必要。でも、ふりまわされない。
    ・感情表出してきた人に対しては、先入観をもたず、その理由を聴いて、まず受けとめることが大切だと思いました。
    ・誰でも感情はあるが、管理者として受け入れる、聴く姿勢が大切だと思った。感情のコントロール。

    *相手へのフィードバック*
    ・相手の気持ちを受け止めたあとの管理者としてのフィードバック、どのようにするか。今後の課題。
    ・態度は無意識でわからないことがあるので、相手の態度を態度で伝えるのもわかってもらいやすい。

    *その他*
    ・自分を見て…聞いて…と思っている。
    ・スタッフの感情に振りまわされないように淡々と。

The following two tabs change content below.
nakaone

nakaone

地域に情報がいきわたる環境づくり(医療や介護に関する情報を生活に活かす)を仕事にしています。【介護現場の経験を語り合うプロジェクト】「けあぴ」Founder けあぴ 【住民と専門職がであう場づくり】「いりょう・かいご座談会」いりょう・かいご座談会
nakaone

最新記事 by nakaone (全て見る)

コメントされますか?

コメントするには ログイン してください。