“マネジメントに取り組む”に参加して

約2か月ぶりの管理塾でした。
あまりの暑さに身体はバテバテでしたが、今日もグループメンバーと現実的な話し合いをする中でいろいろ考えることができました。
今日のテーマは“マネジメントに取り組む”でした。
今日提示して頂いた7つの課題はどれも難題ですが、管理をしていく上でどれも外せない大切な課題だと思いました。
特に実践者としての自分を捨てる覚悟はなかなか難しい。
自分自身の覚悟なのだと思いますが、自分の中でうまく住み分けられないかと、もがいてしまいます。
スタッフの成長が部署の成長に繋がると信じて、仕事を委譲しながらスタッフも自分も成長できるといいなあ〜(^^)

The following two tabs change content below.
tomoneko

tomoneko

看護師長になって2年目です。 大の猫好き(^^) ブルボンのお菓子が大好きです!

2 のコメントが ““マネジメントに取り組む”に参加して”にあります

  1. 流石早速の投稿!本日は暑い中お疲れ様でした。
    プレマネバランスについて。
    皆さん大きく頷かれる(共感する)様子が印象的でした。

    「実践なき理論は空虚であり、
    理論なき実践は盲目である。」クルト・レヴィン

    あらゆる「バランス」が大切なのですね。

  2. tomonekoさん、いつもありがとうございます。
    率先行動、素晴らしいですよ。
    私もこの暑さはバテバテです。
    少し歩くだけで汗が吹き出し、化粧も崩れて大変な状態になっています。(笑)
    ある意味、私の周りにいる人は、そのお蔭で(?)ヒヤッと涼しい想いをしていただけているかもしれません。

    それはさておき、実践者としての自分を捨てる覚悟のハードルが高いようでしたら、実践していたことで見える次のステージに自分が移る、と考えてみてはどうでしょう。
    やっぱり一人でやれることには限界があります。
    スポーツでもコーチや監督が走り回っていては、決して強いチームにならないですよね。
    プレイングマネジャーであることを楽しんでくださいね。

コメントされますか?

コメントするには ログイン してください。