【第三章】Aチームの模造紙

Aチームの模造紙の写真です。画像の上でマウスをスクロールすると拡大します。

ポストイットの内容

  • ・感情的になったら→まずはクールダウン!
    ・マイナスのフィードバックをする時、相手の思いを受け止める→自分の思いを伝える→それに対してどう思ったのかを確認することが必要。
    ・スタッフとの距離を縮めるには→とにかく話しをしていくこと。
    ・人との感情の距離感で現象も変化する。
    ・思った事を意図的に言葉に出していくことも大切。
    ・相手が何故そのような言動をするのか・・・
    ・そのことを知り相手を認めて接していく。
    ・スタッフ間のトラブル 師長の思いとはうらはらに、辞めてしまったスタッフ。中途採用のスタッフとの距離感もう少し時間が欲しかった。
    ・相手もわかってくれているという思いこみはダメ!!必ず言葉で表現する。
    ・新人の師長は大変→でも、師長になると、スタッフ、患者、コメディカル、Dr. との連携をとっていかなくてはいけない。
    ・思っているだけでは伝わらない。言葉にしないと・・・
    ・理解することもむずかしい。理解するにはキョリを縮めないと・・・
    ・相手(スタッフはPt)とのキョリを縮めるのはまず、相手の感情を受け止める事。
    ・感情をコントロールすることは難しい。
    ・でも、マネジメントはまず自分の感情をコントロールしないといけない
    ・でも、感情を表現すること→(感情的ではなく言葉で)はとても重要
    ・感情のぶつかり合い→クールダウン→リフレクション 時間はかかるが内省してみる
    ・感情的にならずに感情を表現する事→人間味を持たせるむずかしい・・・・
    ・感情のコントロール 距離・時間→関係する。
    ・対人だから・・・(考えて)言葉で伝える事が大事
    ・お互い(相手)の感情を十分に吐き出させて聞く姿勢も大事
    ・感情をうまくコントロールするには経験値や時間がかかるが、上手に表現できるようにしていく。
    ・一度、冷静になってから、言葉で感情を表現しよう
    ・共感する気持ちが大切。
    ・人との良い距離感を作るのには時間がかかる
    ・言わなくてもわかるだろう、ではダメ。言葉に出して伝えていく
    ・怒りの感情があった時、すぐ表出しない。クールダウンしてから話す。同僚に聞いてもらう
    ・スタッフ、Ptとの距離感を観る。知る。
    ・対スタッフと自分の距離感を知る。短くなるように工夫。努力する。
    ・自分の感情を言語化して表現する。
    ・多面的にものをみて
The following two tabs change content below.
nakaone

nakaone

地域に情報がいきわたる環境づくり(医療や介護に関する情報を生活に活かす)を仕事にしています。【介護現場の経験を語り合うプロジェクト】「けあぴ」Founder けあぴ 【住民と専門職がであう場づくり】「いりょう・かいご座談会」いりょう・かいご座談会
nakaone

最新記事 by nakaone (全て見る)

コメントされますか?

コメントするには ログイン してください。